診療案内はなの病気

副鼻腔炎

症状

副鼻腔の中にたまった膿が、鼻の中に逆流するため、色のついたネバネバした鼻汁が出る、鼻がつまる、鼻汁がのどに流れ落ちるなどの症状のほか、頭痛や頬の痛み、歯の付近の痛みが起こります。においがわからなくなったり、くさいにおいがする、耳がボーンとするなど、さまざまな症状があらわれます。

原因

鼻風邪などによって、細菌やウイルスが鼻から副鼻腔に入ることがあります。すると副鼻腔の中で炎症が起き、膿が溜まってしまいます。この状態が副鼻腔炎です。鼻腔炎は昔から蓄膿症(ちくのう症)と呼ばれています。

治療法

殺菌作用のある抗菌薬を内服していただきます。特に慢性化した副鼻腔炎にはクラリス、クラリシッドという抗菌剤を1~2ヶ月服用する必要があります。鼻の中に鼻汁が溜まっている場合には、吸い出す治療も行います。また、抗菌薬などを含んだ薬液を鼻の奥まで噴霧吸入するネブライザー治療も行います。

アレルギー性鼻炎

症状

「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「鼻がかゆい」「鼻血が出る」などの症状が出ます。また、アレルギー反応が強くなると「頭痛」「においの低下」「鼻が重い」「鼻の奥の痛み」などの症状も現れます。

原因

代表的なもので、ハウスダスト、ダニ、カビ、スギ花粉、ヒノキ花粉、カモガヤ(イネ科雑草花粉)、ブタクサやヨモギ(キク科雑草花粉)、イヌの毛やフケ、ネコの毛やフケなど多数あります。これらが原因となり、鼻の中でアレルギー反応を起こし、いろいろな症状を引き起こします。

治療法

お薬には内服薬と点鼻薬があり、患者さんの年齢や症状に合わせて処方いたします。当院ではダニアレルギーに対する舌下免疫療法(錠剤タイプ:ミティキュア)による治療を行っております。また、診察終了後にアレルギー用の吸入治療(ネブライザー)を行うことで症状の軽減が可能です。なお、検査でアレルギー反応が陽性であっても、症状がなければ治療の必要はありません。
→舌下免疫療法について詳しくはこちら