院内感染対策の取り組み

当院では少しでも皆様に安心して通院していただけるよう、院内感染の予防に努めております。

  • 空気感染防止の徹底のため、診察室、待合、入り口は常に窓を開けて換気しており、
    各部屋にウイルスの殺菌効果のある空気清浄機を設置しています。
  • 職員は、サージカルマスクの着用、手指衛生を適切に実施しています。
  • 職員が身体の不調を訴えた場合に適切な対応をしています。
  • 職員に対して、毎日の検温等の健康管理を適切に実施しています。
  • 接触感染防止の徹底のため、診察台、ソファ、フロア、トイレ、ドアノブをアルコール消毒しています。
  • 受付、会計、問診室、検査室には遮蔽のビニールカーテンを設置しています。
  • 患者様には、入り口でマスクの着用、手指のアルコール消毒をお願いしています。 
  • 患者様には全員、非接触型の体温計で体温を測定しています。
  • おもちゃと本は、接触感染を防止するため出しておりません。
  • ミスト汚染防止のため、鼻ネブライザー、のどネブライザーは、しばらくの間休止させていただきます。
  • 内視鏡検査の時は、防護着、フェースガードを着用して検査します。
  • 電子スコープは、1回ごとに決められた手順に従い消毒いたします。
  • 発熱、咳、倦怠感などの症状があるかた、最近、嗅覚障害、味覚障害が出たかたは、駐車場で問診、診察します。電話、玄関横のインターホンであらかじめお知らせください。
  • PCR検査の必要ありと診断した場合は、迅速に検査センターに紹介します。